あなたは 番目のお客様です




野良猫、上へ登りたい



    
    
    なんかいいにおいがするな・・・  
    
    
    どうやら上の方からみたいだ  
    
    
    何とか登りたいのだが・・・  
    
    
    どうも届きそうにないなぁ・・・
 
    
 
    さっきから
背中に視線を感じるなぁ・・・
 
    
    
    作戦変更・・・  
    
    
    ここを登ってみるか・・・  
    
    
    とっかかりがないなぁ・・・  
    
    
    柱はどうだろう・・・  
    
    
   
すべって登れやしない・・・
 
    
    
    誰かに開けてもらおうか・・・
トントン、トントン・・・
 
    
    
    誰かいませんか・・・?  
    
    
    留守のようだ・・・
困ってるときは、耳が・・・
 
    
    
    ひとりでに
垂れてしまうねぇ・・・
 
    
    
    ハァァァ・・・(困)  
    
    
    どうしよう・・・(困)  
    
    
    って、なんか文句あっか?!  
    
     
    
         







 
撮影:2005年1月
 
Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.