あなたは 番目のお客様です



カメの甲羅にヒル&卵



ヌマエラビルという、カメ類を宿主とするヒルのようです(下欄参照)


    
    
    水からあがったクサガメをよくみると・・・

撮影:2007年7月
 
    
    
    甲羅の後ろのほうで(写真中央)、何かが伸びたり

撮影:2007年7月
 
    
    
    縮んだり

撮影:2007年7月
 
    
    
    また伸びたりして、動いている・・・

撮影:2007年7月
 
    
 
    拡大してみるとご覧の通り。

"伸び縮み"しているもの(右下)以外にも、同種と思われる生きものが左上で丸まっている。そしてその間には、たくさんの細かい"つぶつぶ"がカメの甲羅に付着している!

撮影:2007年7月
 
    
    
    "伸び縮み"していたものは・・・

撮影:2007年7月
 
    
    
   
撮影:2007年7月
 
    
    
    甲羅の裏側に隠れてしまいました。

そして・・・

撮影:2007年7月
 
    
    
    クサガメも

撮影:2007年7月
 
    
    
   
水中に隠れてしまったので、
この日はここまで・・・(汗;)

撮影:2007年7月
 
    
    
 

それから4日後・・・


 
    
    
    例のクサガメがまた現れたので

撮影:2007年7月
 
    
    
    甲羅の上を見ると・・・

撮影:2007年7月
 
    
    
    4日前と同様、"伸び縮み"するものと、たくさんの"つぶつぶ"が見えます。

撮影:2007年7月
 
    
    
   
撮影:2007年7月
 
    
    
   
撮影:2007年7月
 
    
    
 

さらに8日後・・・


 
    
    
    例のクサガメの甲羅には

撮影:2007年8月
 
    
    
    伸び縮みするものは見あたりませんでしたが、"つぶつぶ"がしっかり付いていました。

撮影:2007年8月
 
    
         



伸び縮みする生きものの正体はヌマエラビル

伸び縮みする生きものの正体は、ヒルの一種、淡水性のカメ類を宿主とする
 「ヌマエラビル」 (学名: Ozobranchus jantseanus Oka)、
つぶつぶはこのヒルの卵のようです(下記参照)。
(通常、写真だけでは種を正確に特定する決め手に欠けており、種の断定は出来ません。断定できない大きな理由は、ヒルの分類の決め手となる「肛門」が、上のような写真だけではわからないためです(汗;))
ヌマエラビルに関する文献
    ヌマエラビルに関する参考文献の書誌事項を以下に記しました。
Yamauchi T. and Suzuki D.
Geographical distribution of Ozobranchus jantseanus (Annelida: Hirudinida: Ozobranchidae) in Japan.
 (日本におけるヌマエラビルの地理的分布)
Med. Entomol. Zool. 59(4):345-349, 2008
   
【謝辞】
参考文献の著者である 山内 健生 先生には、このヒルが状況から判断してヌマエラビルおよびその卵であろうとのご教示を賜り、興味深い上述の文献をご紹介いただきました。
ヤマビル研究会 谷 重和 先生には、掲載のヒルを含め、ヒルの識別点が"肛門"であることなど、ヒルに関する様々な知識・情報についてご教示賜りました。
「ヤマビル研究会」のホームページ
http://www.tele.co.jp/ui/leech/
先生方には大変お世話になりましたこと、厚く御礼申し上げます。


    
    
 


 
泳ぐカメの甲羅につくヒルの動画を撮影することが出来ました(笑)
よかったら「動画編」をどうぞご覧ください。
 
    
         



  和名:  ヌマエラビル  
  分類:  ヒル綱 フンビル目(吻蛭目) エラビル科  
  学名:  Ozobranchus jantseanus  







 
撮影:2005年1月
 
Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.