あなたは 番目のお客様です

MatsumaRoom         最終更新日: 2009-Dec-06

 

足環で鳥の足がつくか

 

 
 


    オナガガモ
2007-Nov-18
      オナガガモ 動画編
2009-Dec-06
【動画】
 
                   
    ウミネコ
2007-Nov-18
      オシドリ
2007-Nov-18
 
                   
    カワウ
2007-Nov-18
      ハシブトガラス
2007-Nov-18
 
                   
    足環の撮影、ひと苦労
2007-Nov-18
       
                   


 
 


足環撮影画像から識別依頼をする際の留意点

    
   鳥の足環情報は、年齢や移動距離、生息場所など、鳥の生態を知り、保護等につなげるための重要な情報になりうると考えられます。最近話題になっている鳥インフルエンザのような鳥を媒体とする感染症では、感染ルートを解明する上で貴重な情報となるかもしれません。
 昨今のデジカメ、デジスコ等の普及により、以前にも増して手軽に鳥の撮影ができるようになり、従来、偶然見つけた鳥の死体から足環を回収するなどして個体識別していた手法と比べると、はるかに足環情報を得やすくなっているのではないでしょうか。
 足環情報を得たら、専門の施設や団体(下記参照)に依頼して、足環を装着された時点のその個体の情報を知ることが可能な場合があります。
 "可能な場合がある"としたのは、足環の刻印の仕組みを理解し、個体識別が可能になるに足る情報量がそろっている必要があるからです。
    
 
1) 足環の刻印の仕組みを知る
 
「8A26600」が読み取れる
 
    足環情報には7桁か8桁の番号が刻印されている。
    1-1.   全部の情報が読み取れれば、もちろん個体識別が可能。
    1-2.   先頭のほうの文字(足環の大きさを表すガイドナンバー)がわからない場合、装着の可能性の少ないガイドナンバーであれば、個体番号を表す下5桁が読み取れれば、個体を特定出来る可能性がある。
    1-3.   上記よりも得られる情報が少なかった場合は、個体の特定は困難になってくる。
      * 鳥の種類によっては上記とは異なる識別パターンの足環(カラーリング)やカラーフラッグを装着しているものもいます。(例:カワウ,ユリカモメの一部,シギなど)
       
   
       カラーリングの例:セイタカシギ
       
    
 
2) 撮影条件
     撮影に当たっては、可能な限り多くの足環情報を得るために、いろいろな角度から撮影を試みること。また白飛びなどを起こすと画像から判別出来ないことが多いので、露出条件を変えるなどして、情報を得られる可能性を高める工夫をしてみること。(実際の野外での撮影は、なかなか大変ですが(汗;))
    
 
3) 断片的な足環情報解読の労力を考える
     足環情報が断片的な場合、「候補」はつきとめられても個体の特定までには至らず、従って、「標識回収記録」としては保存されないという結果に終わることも多いようです。
 私個人としては、年齢や放鳥場所がわかっただけでも満足でしたが、部分情報を受け取られた依頼先の方々には、少ない情報から個体候補を絞り込むために、大変な労力を強いることになっていたこと大反省!!
コンピューターやデータベースがあれば、検索で即座に答えが出るのではないかという過度の期待はもつべきではありません (この点については、私個人の経験からも身にしみて、よく理解できます(涙;))
 部分情報からの検索は、担当される方に相当の負担がかかると思われるので、もし情報が識別のために十分に揃っていないと判断されたら、そこでグッと引く勇気(!?)を備えることも大事なのかもしれないですね。
 また、いきなり「識別をお願いします」と依頼するのではなく、まずは識別の条件が揃っているかを自己点検し、場合によっては、事前に得られた情報量を伝えて相談されてからのほうがスムーズになることも考えられます。
    
 
4) 足環情報の問い合わせ先
    (私がお世話になった施設・グループを掲載しておきます。)
    
  1. 財団法人 山階(やましな)鳥類研究所 [標識研究室]
      http://www.yamashina.or.jp/
      Japanese > 足環のついた鳥を見つけたら >
      足環のついた鳥を見つけたら (足環回収の報告方法)
      フラッグの付いたシギ・チドリ類を見つけたら (カラーフラッグ観察の報告方法)
    
  2. カワウのカラーリング
カワウ標識調査グループ Japanese Cormorant Banding Group (JCBG)
      「カラーリングのついたカワウ」
      http://www6.ocn.ne.jp/~cring973/
    
  3. 井の頭自然文化園で繁殖・放鳥されたオシドリ
      Tokyo ZOO NET
      http://www.tokyo-zoo.net/
        > 井の頭自然文化園 > インフォメーション
(施設の連絡先が掲載されています)


 
 

【お断り】
このページでは、足環装着時の野鳥への負荷等については論点にあげておりません。
足環情報の回収という場面において、野鳥の「写真撮影」という非侵襲的手法(個体を傷つけない方法)の活用について記したものであることを、ご承知おきください。


 
 

 


 
 
 
Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.