天神様の御神牛 @東京・亀戸

亀戸天神社(東宰府天満宮)

   藤まつりで賑わう亀戸天神社。

   学問の神様、菅原道眞公を祀って
   いることでも有名です。


   撮影:2005年4月 東京都



   天神様の向かって左側には
    臥牛の像が・・・

   御神牛でした。


   撮影:2005年11月 東京都



   御神牛の頭をなでると
   賢くなるといわれています。


   撮影:2005年11月 東京都



   なでていく人が多いので、
   頭部はピカピカ。

   やさしい目で
   人々を迎えてくれます。


   撮影:2005年11月 東京都




   それにしても
   天神様にはなぜ御神牛の像が
   あるのでしょうか

   立て札を読んで
    なるほど納得。

   道真公はいろいろな場面で
   ウシと縁が深かったのですね。

    左の画像をクリックすると
    立て札の拡大画像が
    表示されます。


   撮影:2005年11月 東京都

 
翼をひろげたカメ @東京・亀戸

HANEKAME

   亀戸駅前公園の噴水には
   町の名前にも入っている
   カメがいます。

   3匹のカメたち、
   甲羅から翼をひろげているぞ。

   造形作家の松本哲哉氏による
   作品「HANEKAME」です。



   撮影:2005年12月 東京都


HANEKAME

   親、子、孫

   未来に向かってみんなで
   今まさに飛び立とうと
   しているようです。


   撮影:2005年12月 東京都


 
シーラカンス @東京・江東区 西深川橋


   江東区にある西深川橋。

   そこで出迎えてくれたのは
   巨大なシーラカンス。


   撮影:2005年12月 東京都



   HANEKAME同様、
   松本哲哉氏による
   シーラカンスは
   「幸福の魚 GOMBESSA」
   と名付けられています。

   その姿に託し、
   太古の世界から累々と
   受け継がれてきたものを
   現代に伝えているようです。


   撮影:2005年12月 東京都

 
Persona(ペルソナ) @東京・江東区 南開橋


   松本哲哉氏の
   もうひとつの作品、
   
Persona


   撮影:2005年12月 東京都




   仮面をかぶるのは
    神話に現れる
     海に棲む
      架空の動物、人魚。


   撮影:2005年12月 東京都




   仮面で顔を覆う姿は、
   まだ見ぬものへの畏敬の念?

   それとも、
   素顔を見せまいとする本心?


   撮影:2005年12月 東京都


 
波間のカモメ @東京・江東区 南開橋


   南開橋で
    カモメたちを見つけました。


   撮影:2005年12月 東京都




   波間を
    くぐり抜けているような・・・


   撮影:2005年12月 東京都




   青い空と
    青い海の間を
     群れ飛ぶカモメたち。


   撮影:2005年12月 東京都




   欄干の中央にも
   カモメがデザインされているぞ。

   おやっ、
   本物のユリカモメも
   来ていました(笑)


   撮影:2005年12月 東京都



街なか動物園メニュー



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.