ポルチェリーノ(幸運の仔豚) @東京・八重洲地下街


   東京駅八重洲地下街
   ラーメン激戦区をさらに南下した
   広場にみごとな動物が座って
   います。

   名前は「幸運の仔豚」
   でもその姿はイノシシそのもの・・・


   撮影:2005年4月 東京都



   この"仔豚"、鼻先がピカピカ。

   通りがかった人たちが
   鼻を撫でていくのです。


   撮影:2005年4月 東京都



   理由はご覧の通り。
   「鼻先を撫でると幸運がもたら
   される」のだそうです。

   そしてオリジナルは
    やはり"イノシシ"、
   イタリア、フィレンツェにあるそうです。


   撮影:2005年4月 東京都



   調べてみると、フィレンツェには、
   オリジナルの大理石像(ローマ時代
   の作らしい)を模したブロンズ像が、
   17世紀の有名な彫刻家ピエトロ・
   タッカにより作られて、フィレンツェの
   市場におかれており、世界的には
   これが最も有名なようです。

   愛称が「porcellino(仔豚ちゃん)」と
   つけられているとか。

   イノシシなのに"仔豚"とも呼ばれる
   意味がよーくわかりました。


   撮影:2005年4月 東京都



   フィレンツェの市場にあるポルチェ
   リーノ。実はアンデルセンの童話の
   1つにも登場して、主人公の才能が
   花開くのを助けています。

   奇しくも2005年は、アンデルセン
   生誕200年にあたりますね。

   こちらのポルチェリーノ君も、
   皆様の願いをかなえようと
   広場で待っているようです。

   撮影:2005年4月 東京都

 
ポルチェリーノ(幸運を招く猪) @東京


   哺乳びんをはじめとする
   育児用品などで有名な、
   ピジョン株式会社の本社。

   その正面玄関にいるのは、
   まぎれもないイノシシ像・・・


   撮影:2005年3月 東京都



   このイノシシ君、名前は
    「幸運を招く猪」
   といいます。

   それにしてもなぜイノシシ像が
   こちらにあるのでしょうか。


   撮影:2005年3月 東京都



   会社の方のご厚意を賜り、
   イノシシ像の由来を記した
   チラシをいただくことが出来ました。

    (画像クリックで拡大)

   "子宝に恵まれるイノシシ"

   なるほど納得!
   こちらの会社が手がけられて
   いる育児用品ともつながります!

   そして、やはり鼻先をなでると
   幸運が訪れるとともに、
   投げ入れたコインは、
   いろいろな国の人々の
   役に立っているとのこと。


    (* 2006年、社屋は文中の場所から
      別のところへ移転しました。)



   撮影:2005年3月 東京都



   平和のシンボル「鳩」を社名に
   持つ、こちらの会社の前で、
   会社のお守りとなるばかりでなく、
   鼻先をなでる人、そして世界の
   人々の幸運と平和を願っている
   凛々しい姿のポルチェリーノ君
   でした。


   撮影:2005年4月 東京都



   2006年、ピジョン株式会社
   本社社屋の移転とともに
   ポルチェリーノ君もお引っ越し。


   撮影:2006年12月 東京都



   新しいところに移っても


   撮影:2006年12月 東京都



   ポルチェリーノ君は
   凛々しい姿を見せて
   くれていました。


   撮影:2006年12月 東京都


   【ご参考】

   ピジョン株式会社ホームページ
   http://www.pigeon.co.jp/

 
ポルチェリーノ(幸運を呼ぶイノシシの神様) @兵庫・神戸三宮

幸運を呼ぶイノシシの神様


   神戸市の三宮駅高架下にある
   その名も"ポルチェリーノ・カフェ"。


   撮影:2005年12月 兵庫県



幸運を呼ぶイノシシの神様


   お店の正面に座っているのは
   まさしく"ポルチェリーノ"、
   幸運を呼ぶイノシシの神様です。


   撮影:2005年12月 兵庫県


幸運を呼ぶイノシシの神様


   阪神淡路大震災にあった
   神戸の街の復興を願って
   建てられたポルチェリーノ。

   鼻を撫でて舌にコインをのせ、
   滑り落として下穴に入ると
   やはり願いがかなうそうですが、
   コインは街の復興基金
   としても役立ってきました。


   撮影:2005年12月 兵庫県


幸運を呼ぶイノシシの神様


   神戸の街にいて、
   人々の願いをかなえるために、
   じっと見守りつづけている
   ポルチェリーノ君でした。


   撮影:2005年12月 兵庫県



   ポルチェリーノ・カフェ
   ホームページはこちら
   
http://www.gnocchi.co.jp/shop2/porcrllino/




さて、ポルチェリーノ君ですが、こちらで紹介した
   ほかにも、日本に数体存在します。

   その1つは、千葉県幕張メッセのホテル ザ・マンハッタン
JR海浜幕張駅側玄関前にあります。
   ホテルのホームページ内にある 「マンハッタンコレクション
   でVOL.1として、もう1頭のポルチェリーノに会えますよ。


   そのほか、カナダ、オーストラリア、スイス
(こちらは小さめらしい)などにもあるようです。
   これらの像を巡る旅なんてあったら楽しそうですね・・・




街なか動物園メニュー



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.