あなたは 番目のお客様です


 

カダヤシ (タップミノー)



    
      
    カダヤシは中米原産の魚。
日本には蚊を駆除する目的で、
台湾経由で移入されたのが
始まりだそうです。
「蚊絶やし」ですね。

撮影:2005年6月
 
    
    
    メダカに比べて背中の濃色のラインは
あまり目立ちません。
口先も何となく
メダカの平べったさに比べると
丸みを帯びた印象を受けます。
メスはお腹がぷくっとした感じの
個体もいます。

撮影:2005年6月
 
    
    
    卵胎生(子魚を直接産む)で、競合する
メダカ(卵生)などの在来魚を駆逐して
しまうのではと危惧されることもあり、
特定外来生物に指定されました。
(第二次指定種 : 2006年2月施行)

撮影:2005年6月
 
    
    
    私の知る範囲ですが、メダカは
"自然公園"として保護されている場所や
水田などでみかけるのですが、むしろ
カダヤシを見る機会が減りました。
自分が出歩かなくなったせいも
ありますが(汗;)、カダヤシが棲んでいた
池沼そのものが埋め立てられて減少し、
用水路も地下下水道になったりで・・・

撮影:2005年10月
 
    
    
    それでもひとたび生息場所を見つけて
のぞいてみれば、やはり
たくさんいるものですね!

撮影:2005年10月
 
    
         


  和名:  カダヤシ, タップミノー  
  分類:  カダヤシ目 カダヤシ科  
  学名:  Gambusia affinis  
  英名:  Mosquitofish, Western Mosquitofish, Topminnow
(Topminnowは別種を指していることもある)
 


 


 
 
Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.