あなたは 番目のお客様です


 

アジアイトトンボとアオモンイトトンボの識別



アジアイトトンボ(オス)

撮影:2007年7月
アジアイトトンボ(オス)

腹部第9節の全体が淡青色をしています。

撮影:2007年7月
アオモンイトトンボ(オス)

アジアイトトンボよりも、幾分ずんぐりしている気がしますが、一目見ただけではちょっと区別がつきにくいかも。

撮影:2007年6月
アオモンイトトンボ(オス)

全体が淡青色をしているのは腹部第8節
アジアイトトンボよりも、1つ前にずれていますね。

撮影:2007年6月
アオモンイトトンボ(メス、同色型)

オスと同様、腹部第8節の全体が淡青色をしています。

撮影:2007年7月
アジアイトトンボ(若いメス)

腹部第1節(青矢印)および第2節(緑矢印)の背面全体が黒色。
"眼後紋"(黄矢印)は後頭の地色と溶けあうように淡い色をしています。

撮影:2007年6月
アオモンイトトンボ(若いメス)

腹部第1節(青矢印)および第2節(緑矢印)前半部の背面は地色の橙色をしています。
"眼後紋"(黄矢印)はくっきりしていますね。

撮影:2007年6月
それではこちらの、体の地色が緑がかった褐色のトンボは?

撮影:2007年6月
腹部第1節(青矢印)と第2節(緑矢印)全体が黒色ですが、"眼後紋"(黄矢印)がくっきりしていてアオモンイトトンボのメス

個体差や成長過程での変異も多々あるようで、トンボの種の同定は難しいですね

撮影:2007年6月

和名:  アジアイトトンボ
分類:  トンボ目(蜻蛉目)イトトンボ亜目(均翅亜目)イトトンボ科
学名:  Ischnura asiatica


和名:  アオモンイトトンボ
分類:  トンボ目(蜻蛉目)イトトンボ亜目(均翅亜目)イトトンボ科
学名:  Ischnura senegalensis

 


 
 
Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.