あなたは 番目のお客様です


 

シオカラトンボ、シオカラ型メスの産卵(動画)


シオカラトンボの姿をしたムギワラトンボ(シオカラトンボのメス)の産卵・・・






 

動画の動きが転送速度の関係でぎくしゃくする場合は、再生ボタンを押した後、いったん停止ボタンを押し、ファイルが十分に転送された後に、もう一度再生ボタンを押してください。


【シオカラトンボ、シオカラ型メスの産卵】
1)  シオカラ型メスが打水産卵を繰り返す。
2)  近くの棒杭で縄張りを張っているオスが、シオカラ型メスの産卵を妨げるかのように急接近をする。
ただし、縄張り内に進入したオスに対する行動と違って縄張りの外まで追いかけることはなかった。
3)  オスの接近に対して、シオカラ型メスは場所を移動して産卵、そしてそのたびに、オスが急接近、を繰り返していた。
このオスは、シオカラ型メスをオスと思っていたのでしょうか?
それともメスであることは認識していた(急接近は交尾をしようとしていた)のでしょうか?
もしかして、いったんはライバルのオスと思い、追い払おうと接近したが、メスだとわかってすぐに引き返していった、とか・・・
通常の色彩のメス(ムギワラトンボ)が産卵の場合には、オスがメスを見守るように近くでホバリングしているシーンをよく見かけるので、このオスの行動は、どのような意味があるのか興味をひかれるものがありました。
いずれにしても、"産卵"をしているということは、このシオカラ型メスを"メス"と認識しているオスがいて、交尾に至っていたことだけは確かですね。


 

  和名:  シオカラトンボ  
  分類:  トンボ目(蜻蛉目)トンボ亜目(不均翅亜目)トンボ科  
  学名:  Orthetrum albistylum speciosum  
       
       
  撮影: 2009年8月  



 


動画はAdobe Flash Video形式です。Adobe Flash Playerがパソコンにインストールされていないために再生がうまくいかない場合は、 から ダウンロード、インストールしてから再生してください。




 
 
 
Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.