あなたは 番目のお客様です


 

シオカラトンボ



    
      
    シオカラトンボのオス。
最初に"塩辛"と名付けた人はだれなのでしょうか(笑)

撮影:2004年9月
 
    
    
    シオカラトンボのメス。
ムギワラトンボといったほうが、名前の通りがよいですね。
オスも若いうちは同色です。
(「雌雄の識別点」参照)

撮影:2003年9月
 
    
    
    交尾中のシオカラトンボのオス(シオカラトンボ)とシオカラトンボのメス(ムギワラトンボ)。

撮影:2005年6月
 
    
    
    産卵中のメスをオスが見守っています。
"見守る"というよりも、他のオスに奪われないように"見張る"といったほうが良いかな。

撮影:2005年6月
 
    
    
    クモの巣にかかってしまったメス。
水辺近くの、いかにもトンボが通りそうなところに巣を張っていたのは、ナガコガネグモでした。

撮影:2005年9月
 
    
    
    こうなると、いかに翅をふるわせても逃れることが出来ません。油断大敵!
(巣網にかかって翅をふるわせるメスに、交尾しようと近づく不埒なオスも、実は見かけたりしました。)

撮影:2005年9月
 
    
         

  和名:  シオカラトンボ  
  分類:  トンボ目(蜻蛉目)トンボ亜目(不均翅亜目)トンボ科  
  学名:  Orthetrum albistylum speciosum  

 


 
 
Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.