あなたは 番目のお客様です


 

シオカラトンボ、雌雄の識別点



こちらは成熟したオス(シオカラトンボ)

撮影:2007年8月
成熟オスでは、全体に黒化しており、複眼は青みがかっています。

撮影:2007年8月
オスの尾部付属器の形に、注目しておいてください。

撮影:2007年8月
成熟メス、いわゆる「ムギワラトンボ」

撮影:2007年8月
体色は黄色っぽくて「麦わら」色ですね。
複眼も、オスと異なり、緑色をしています。

撮影:2007年8月
メスの尾部付属器(水色矢印)は、オスと形態が異なっています。
腹部第8節(橙色矢印)も、オスに比べ、わずかにずんぐりとふくらんでいます。

撮影:2007年8月
未成熟オス。
こちらも麦わら色をしていますが、メスではなく、未成熟なオス。
成熟して黒化する前は、オスもこのような体色をしています。

撮影:2008年6月
メスとの違いは、尾部付属器の形態。やはりオスですね。
腹部第8節もスマートで、メスとは異なります。
いずれにしても、野外ですぐに識別するのはかなり難しそうですね・・・

撮影:2008年6月
未成熟な個体は、オスもメスも、複眼の色がうす茶色っぽくて、表面も柔らかそうな印象。
成熟度の判断にはなりますが、雌雄の識別にはなりません。

撮影:2008年6月
非常に少ないですが、シオカラトンボの色合いをしたメスもいます(シオカラ型のメス)。
尾部付属器や複眼の色などを見ないと、オスの識別は非常に困難!
メスだとわかったのは「産卵」していたから・・・

撮影:2009年8月


シオカラ型メスの産卵シーンを動画に収めたので、よかったらどうぞ。
左のアイコンを左クリックしてご覧ください。

  和名:  シオカラトンボ  
  分類:  トンボ目(蜻蛉目)トンボ亜目(不均翅亜目)トンボ科  
  学名:  Orthetrum albistylum speciosum  

 


 
 
Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.