あなたは 番目のお客様です


 

ショウジョウトンボ



ショウジョウトンボのオス。
照りつける日差しの下で、この鮮烈な"赤"は大変目立つ存在です。

撮影:2005年6月
アカトンボよりも赤いオス(笑)
ショウジョウトンボをアカトンボと思っている方も多いようですが、体のつくりは、アカトンボ(アカネ)のなかまよりも、もっと頑丈な体つきをしています。

撮影:2006年6月
地面に止まっている姿は、シオカラトンボなら似合うけど、このトンボには似合わないですね(笑)

撮影:2007年8月
「なんか文句あっか?!」

あっ、ありません・・・(汗;)

撮影:2007年8月
羽化したばかりの時は、オスもごのような色合いです。

撮影:2006年6月


撮影:2006年6月
オスもメスも未成熟なうちの体色は橙色で、ウスバキトンボに似ているかな。
でも体型はもう少しがっちりしているかな。

撮影:2005年7月
成熟したメスは、より渋めの色合いに。
産卵を始めたところ。

撮影:2005年7月

撮影:2005年7月
オスどうし、なわばりを主張して互いに譲らず。
あちこちで見かけるけど、他のトンボに比べると個体数が少なそうに思えるのは、分布そのものは広いにもかかわらず、なわばりが広いからでしょうか?

撮影:2006年6月


  和名:  ショウジョウトンボ  
  分類:  トンボ目(蜻蛉目)トンボ亜目(不均翅亜目)トンボ科  
  学名:  Crocothemis servilia mariannae  



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.