東伊豆の海(その1)



東京に比較的近い海にも、こんなにたくさんの生きものが・・・


(ビデオからのキャプチャー画像なのでお見苦しい点、ご容赦ください。)




クマノミ

   みごとな
   "イソギンチャク畑"に
     クマノミが共生していました。


   撮影:2004年9月 富戸

クマノミ

   クマノミの中には
    越冬するものもいるそうです。


   撮影:2004年9月 富戸


オニオコゼ

   ちょっとグロテスク(笑)
    背ビレの棘に
     毒があるので注意!

   撮影:2004年9月 富戸

オニオコゼ

   泳ぐのが苦手、
    水底を匍匐(ほふく)前進中。


   撮影:2004年7月 富戸


ヒラメ

   水底に
    じっと身を潜めています。


   撮影:2004年9月 富戸

ヒラメ

   近づくと
    水底に沿って
     じゅうたんのように
      ひらりと泳ぎ去っていきます。
    結構素早いです。


   撮影:2004年7月 富戸


ソラスズメダイ

   コバルトブルーの
     きれいな魚たちの群れ。


   撮影:2004年9月 富戸

ソラスズメダイ

   こんなにきれいな魚が
    温帯の海でも見られます。


   撮影:2004年9月 富戸


オオモンハタ

   体色は地味ですが、
    "ヒョウ柄"がお見事。


   撮影:2004年7月 富戸


コロダイ

   こちらもみごとな模様。


   撮影:2004年7月 富戸


ゴンズイ

   幼魚は群れをなして
    "ゴンズイ玉"をつくります。


   撮影:2004年9月 富戸

ゴンズイ

   ちょっと大きくなったゴンズイ。
    ナマズみたいですね(笑)

   ゴンズイも背ビレと腹ビレに
   毒を持っているので
   釣り上げたときには要注意!


   撮影:2004年9月 富戸


マアジ

   美味しそうな(失礼!)
    アジたちも群れで
     やって来ました。


   撮影:2004年9月 富戸


ハナハゼ & ダテハゼ


   ハナハゼとダテハゼが
    砂の穴に同居中。

   もともとテッポウエビが
   つくった穴ですから、
   3種類が一緒にいるわけですね。


   撮影:2004年9月 富戸


アオリイカ


   アオリイカが産卵に
    やって来ました。

   大きい方がオス、
    小さい方がメスです。


   撮影:2004年7月 富戸

アオリイカ

   産卵床に近づきます。


   撮影:2004年7月 富戸

アオリイカ

   卵を生み付けたメス。
    体色を変えています。


   撮影:2004年7月 富戸

アオリイカ

   アオリイカの卵。
   孵化が楽しみですね。


   撮影:2004年7月 富戸


トラウツボ


   鮮やかな色と
    鋭い歯が強烈です。


   撮影:2004年9月 富戸


イラ


   普通にいる魚ですが、
    赤みを帯びた体色に
     腹部に白黒帯のアクセント。

   ダイバーをチラチラと
    横目で意識しながら
     通り過ぎていきます(笑)


   撮影:2004年9月 富戸

イラ & ホンソメワケベラ


   ホンソメワケベラに、
    クリーニングして
     もらっているところ。

   気持ちよさそうな
    すずしい顔をしていますね(笑)


   撮影:2004年9月 富戸


イシガキダイ & スズメダイ
 & ホンソメワケベラ


   スズメダイが群れているところに
    イシガキダイの幼魚が
     やってきました。

   スズメダイたちは
    左上のホンソメワケベラに
     クリーニングしてもらって
      いるところ。

    このイシガキダイも、しきりに
    スズメダイをつついていました。
    どうやらクリーニングの
    "修行"に来たようです(笑)

   撮影:2004年9月 富戸


クリアクリーナー・シュリンプ

   岩陰にクリアクリーナー・シュリンプ。
    透明な体に
     なかなかピントが合いません(笑)


   撮影:2004年9月 富戸

クリアクリーナー・シュリンプ & キタマクラ

   キタマクラが
    クリアクリーナー・シュリンプに
     近づいてきました。

   クリーニングしてもらいたがって
   いるようでしたが、ますます
   クリアクリーナー・シュリンプには
   ピントが合わなくなりました(笑)


   撮影:2004年9月 富戸


イタチウオ


   岩陰から
    クネクネと
     イタチウオが現れました。

   イタチというより
    "ウナギイヌ"って感じです(笑)
    自分は嫌いではありません(笑2)


   撮影:2004年9月 富戸


ツマジロモンガラ


   ツマジロモンガラの幼魚。

   あちこちをしきりに
    つついていました。


   撮影:2004年9月 富戸


アカモンガラ


   ツマジロモンガラの近くには
    アカモンガラの幼魚。

   近づこうとすると
    すぐに穴に潜り込む、
     "シャイ"なヤツでした(笑)


   撮影:2004年9月 富戸


ウスバハギ


   ちっちゃなかわいい
    ウスバハギの幼魚。


   撮影:2004年9月 富戸


キヘリモンガラ


   キヘリモンガラの幼魚が、
    エキジットポイント近くで
     ダイバーの浮上を
      待っていました。


   撮影:2004年9月 富戸


ゴマモンガラ


   ゴマモンガラ。
   繁殖期には卵を守るために
   攻撃的になり、危険な魚と
   いわれています。


   撮影:2004年9月 富戸

ゴマモンガラ


   幸い、この個体は
   人の姿を見ると、こそこそ
   逃げていきましたが(笑)
   油断は禁物ですね。


   撮影:2004年9月 富戸


ガラスハゼ


   とりついたムチカラマツに沿って、
   スルスルと移動しています。

   透明感のある体に加えて、
   拡大すると愛嬌のある
   目をしていますね。


   撮影:2004年9月 富戸


オルトマンワラエビ


   トサカにとりついているところ。

   以前はムギワラエビと呼ばれて
   いましたが、ダイバーが潜らない
   ような深い場所に同名のエビが
   既にいることがわかって、呼び名
   が変わったとか。

   エビというよりも、カニみたい、
   それよりもクモ、いや、
   ザトウムシみたいなやつです(笑)

   撮影:2004年9月 富戸


イソバナカクレエビ


   イソバナと同じ色をして
   文字通り"隠れて"います(笑)

   こういう生きものを目ざとく
    見つけて教えてくれる
     ガイドさんに感謝!!


   撮影:2004年9月 富戸


ボウズコウイカ

   体色を様々に変えることが
   できます。

   その様子をご覧ください。


   撮影:2004年9月 富戸



   撮影:2004年9月 富戸



   撮影:2004年9月 富戸



   撮影:2004年9月 富戸



   撮影:2004年9月 富戸



   撮影:2004年9月 富戸


コクテンカタギ


   秋の東伊豆は
    南の海からの使者が
     たくさんやってきます。


   撮影:2004年9月 富戸


ミナミハタタテダイ


   こちらも南の海から
    流れ着いたのでしょうか。


   撮影:2004年9月 富戸

ミナミハタタテダイ


   ハタタテダイ、ムレハタタテダイ
   に比べて、よりトロピカルな
   感じがします(笑)


   撮影:2004年9月 富戸


ツノハタタテダイ


   他のハタタテダイ類とは
    白黒が逆転している
     ような気がします(笑)


   撮影:2004年9月 富戸


ムレハタタテダイ


   ムレハタタテダイの"群れ"です(笑)


   撮影:2004年9月 富戸


   これでも
    群れとしては
     小さいほうです。


   撮影:2004年9月 富戸


   こういうシーンに出会うと、
    日本にいながらにして
     トロピカルな気分になりますね!


   撮影:2004年9月 富戸


ツノダシ


   エキジット近くで、
    やはりトロピカルムードを
     演出してくれていました(笑)


   撮影:2004年9月 富戸


海の生きものたち メニューへ



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.