東伊豆の海(その2)



同じ東伊豆でも、海はまた異なった様相を見せてくれます。


(ビデオからのキャプチャー画像なのでお見苦しい点、ご容赦ください。)




キサンゴの一種

   黄色い花の咲く
    "お花畑"のようでした。


   撮影:2005年7月 伊東


キサンゴの一種

   黄色とオレンジがかったサンゴが
    並んでいました。


   撮影:2005年7月 伊東


イイジマフクロウニ

   大型でおもしろい形をしたウニです。

   でも、触ったりしたら大変!!
   棘には強力な毒があります!!

   激痛、しびれ、腫れ、動悸が早く
   なり声が出なくなる、瞼が腫れる、
   重篤の場合は死亡
   などの報告が・・・

   「激痛からのショックで意識を失う
   場合もあるが直接死には至らない
   とされる」などの記述もありましたが、
   水中で意識を失ったら・・・(怖)


   撮影:2005年7月 伊東


イイジマフクロウニ

   よく見るとあちこちにいます・・・
    地雷のようだなぁ・・・(苦笑)

   ちなみに"イイジマ"は、
   明治時代の飯島魁(いさお)
   東大動物学教授(日本鳥学会
   初代会頭でもある)の名前に
   ちなんだものだそうです。


   撮影:2005年7月 伊東


クマノミ

   クマノミを見つけると
   「いつもの"おきまり"がいた」と
   なんだかほっとします(笑)

   まだ小さめの個体ですが、
   尾びれが黄色いのでオス。
   おっと、クマノミは「雄性先熟」
   (オスで生まれてメスに変わる)
   でしたね。


   撮影:2005年7月 伊東


クロホシイシモチ

   あたりまえにいて、地味なので
   写真やビデオを撮る人が
   少ない気がします(自分も)(笑)

   でも、口の中で抱卵中の
   オスが大群で泳いでくると
   けっこう壮観です。


   撮影:2005年7月 伊東


ネンブツダイ

   ネンブツダイも負けじと、群れて
   いました。
   やはりオスは口の中で抱卵。


   撮影:2005年7月 伊東


イシダイ

   黒白の縞がイシダイの特徴ですが
   老成魚はご覧のとおり、縞が消えて
   口が黒くなって「クチグロ」と
   呼ばれますね。


   撮影:2005年7月 伊東


イシダイ

   釣り好きの人が見たら
   きっとこの「クチグロ」、
   釣り上げたくなるんだろうなぁ・・・


   撮影:2005年7月 伊東


キンチャクダイ

   猛然とダッシュをして
    隠れ場所を探しているようです。


   撮影:2005年7月 伊東


キンチャクダイ

   普段から、
    とてもシャイな魚です(笑)


   撮影:2005年7月 伊東


アオブダイ

   これはとても大きいぞ。
    キスされたくないなぁ(笑)


   撮影:2005年7月 伊東


ブダイ・ホンソメワケベラ

   "The ブダイ"は
    ホンソメワケベラの幼魚に
     クリーニングしてもらうのを
      心待ちにしています(笑)
      (奥にいるのはハコフグ)


   撮影:2005年7月 伊東


メバル・シラコダイ


   なんだかメバルが
   妙にあつまっていると思ったら
   そこにはシラコダイも。

   シラコダイがメバルを
   クリーニングしているのでした。
    (ホンソメワケベラに
     教わったのでしょうか(笑))


   撮影:2005年7月 伊東


メバル・シラコダイ


   うっとりしているメバル(笑)


   撮影:2005年7月 伊東


キイロイボウミウシ

   キイロイボウミウシを
    見つけました。


   撮影:2005年7月 伊東


キイロイボウミウシ

   雌雄同体で、お互いに
   オスの役目、メスの役目を
   果たして交接中なのだそうです。


   撮影:2005年7月 伊東


アオウミウシ


   アオウミウシを
    見つけました(笑)


   撮影:2005年7月 伊東


キイボキヌハダウミウシ


   キイボキヌハダウミウシを
    見つけました(笑)

   このウミウシ、なんと
   他のウミウシを襲って食べる
   どう猛なヤツです。

   そういえば最近アオウミウシを
   襲って食べている写真を、
   とあるホームページで
   見かけました(笑)
   (撮影場所は違います)


   撮影:2005年7月 伊東


ウツボ


   "The ウツボ"です(笑)


   撮影:2005年7月 伊東


コケウツボ


   ウツボとは模様が違います。

   また、口が湾曲しているため、
    "閉じた"口がふさがりません(笑)


   撮影:2005年7月 伊東


サビハゼ

   目の前一面に、小魚の大群が・・・

   サビハゼの幼魚たちでした。


   撮影:2005年7月 伊東


サビハゼ


   成魚は砂地にいますが
    幼魚のうちは
     中層を泳いでいるのですね。

   それにしても
    半端ではない数でした。


   撮影:2005年7月 伊東


アカエソ


   ペアでよくいる魚です。

   普通種で、いかつい顔のせいか、
   あまり人気がないようで・・・

   自分も、水中ビデオを始めた
   ばかりの頃は何でも撮っていた
   のですが、最近は全然撮影の
   対象にしていなかった(笑)


   撮影:2005年7月 伊東


キンギョハナダイ(メス)


   安直な名前ですが(笑)
   たしかにキンギョ、シンプルな
   和金(ワキン)似です(笑)


   撮影:2005年7月 伊東


キンギョハナダイ(オス)


   オスは、別種と思っていた人も
   いたりするように、メスよりも
   エレガントな感じです。

   ハナダイの仲間も、クマノミのように
   性転換するのでしたね。

   しかも、こちらはメスからオスに
   変わる、雌性先熟ですね。
   雌性先熟型はハーレムを
   つくるものが多いそうですが、
   キンギョハナダイもそうですね。


   撮影:2005年7月 伊東


ルリハタ


   "瑠璃色"に黄色のライン、
    鮮やかなルリハタが
     現れました。

   ヌノサラシ科に属する魚で、
   危険にあうと、皮膚から
   グラミスチンという毒を出すため、
   水槽で飼ったりすると他の魚が
   死んでしまうことも。
   きれいな○○には毒がある・・・


   撮影:2005年7月 伊東


ルリハタ


   黄色のラインは、
    左右両面にありました。
    (あたりまえですね(笑))

   ハタの仲間も、雌性先熟の
   性転換をするのだそうです。


   撮影:2005年7月 伊東


イサキ


   伊東イサキです

   (・・・おやじギャグ世代です・・・)


   撮影:2001年7月 伊東


イサキ


   いったい何匹いるのか・・・


   撮影:2001年7月 伊東


イサキ


   こんな群れに遭遇すると
    確かにビックリしてしまいます。

   肉食魚が小魚の群れを襲い
   きれずに、はぐれた魚ばかり
   狙うのも納得・・・


   撮影:2001年7月 伊東


イサキ


   きれいな黒のストライプが
   次々とこちらに向かってきます。

   壮観な景色が広がる海に
   ますますのめり込みそうですね。


   撮影:2001年7月 伊東


海の生きものたち メニューへ



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.