南房総の海



ここにも海流に乗って様々な海の生きものが・・・


(ビデオからのキャプチャー画像なのでお見苦しい点、ご容赦ください。)




イセエビ

   あまり知られていませんが、
   千葉県はイセエビの水揚げ量
   日本一です。

   立派なイセエビが
    房総の海中で暮らしています。


   撮影:2003年8月 館山


コブダイ

   こちらも"立派な"姿の
    コブダイ。

   コブダイってベラのなかま
   でしたね。


   撮影:2004年8月 館山


イラ

   イラもベラのなかま。

   いわれてみれば、
   コブダイに似た体型ですね。


   撮影:2003年8月 館山


カワハギ

   ユーモラスな姿で
   あちこちの岩場や砂地を
   泳ぎまわっています。


   撮影:2003年8月 館山


イサキ、タカベ、マアジ

   3種が一緒に群れて
    一気に通り過ぎていきました。


   撮影:2004年8月 館山


イシダイ

   東伊豆では、思ったほど
   見かけないイシダイですが、
   南房総ではよく見かけます。

   あまりに見かけることが多いので、
   いつでも撮れるからと
   撮影するのを忘れたりします(笑)


   撮影:2003年8月 館山


イシガキダイ

   マダラ模様が
   ひときわ目立つ個体でした。


   撮影:2004年8月 館山


スズメダイ

   しきりに砂地に腹部を
   こすりつけるようなしぐさを
   交互に繰り返していました。


   撮影:2004年8月 館山


ミノカサゴ

   美しい背ビレに毒があるので
   ご注意!


   撮影:2003年8月 館山


ゲンロクダイ

   黄色が目立つ
    きれいなゲンロクダイでした。


   撮影:2004年8月 館山


フエヤッコダイ


   わざわざ細長い口吻に
    ならなくてもと、
     シロウト的には
      思ってしまうのですが・・・

   そんなことも忘れさせる
    鮮やかな黄色です。


   撮影:2004年8月 館山


モンガラカワハギ

   幼魚です。
   オシャレな姿には
    目を引きます。


   撮影:2004年8月 館山


ベニカエルアンコウ

   "ベニ"ですが黄色い個体(笑)

   しっかり"釣り竿"(吻上棘)を
   持って小魚を誘惑します(笑)



   撮影:2004年8月 館山


ダテハゼ & テッポウエビ

   穴を掘るテッポウエビと
   同居するダテハゼ。

   穴から出ているときは
   テッポウエビの体に接触して
   いる尾びれを振って、
   危険を知らせるしぐさも
   観察できます。


   撮影:2004年8月 館山


オトヒメエビ


   赤白の目立つ色をしています。

   あでやかな姿を「乙姫」に
   たとえた命名法に脱帽!


   撮影:2003年8月 館山


オルトマンワラエビ


   何回見ても、
    エビに見えません(笑)


   撮影:2003年8月 館山


オキゴンベ

   写真が逆さまな
    ワケではありません(笑)

   上下方向の決定の"境目"って
     あるのでしょうか(笑)


   撮影:2004年8月 館山


オオモンハタ

   緻密な"ヒョウ柄"の紋様


   撮影:2004年8月 館山


マハタ

   堂々とした姿で
    魚礁を泳いでいるところ。


   撮影:2004年8月 館山


アオリイカ(卵)


   流れに揺らぐ白い卵塊。


   撮影:2003年8月 館山

アオリイカ


   孵化したばかりの
    赤ちゃんイカです。


   撮影:2003年8月 館山

アオリイカ & ネンブツダイ

   ネンブツダイが1匹、
    近づいてきました。

    危うし赤ちゃんイカ!



   撮影:2003年8月 館山


アオリイカ & ネンブツダイ

   赤ちゃんイカ、
    ネンブツダイの目の前で
     墨を吐きました!


   撮影:2003年8月 館山

アオリイカ & ネンブツダイ

   ネンブツダイが
    墨に気をとられている隙に
     さっと逃げる
      アオリイカの赤ちゃん。


   撮影:2003年8月 館山


アオリイカ

   どうやら無事に
    難を逃れましたね。


   撮影:2003年8月 館山



ネコザメ


   ネコザメが、尾ビレを大きく
    揺すりながら泳いでいくところ。


   撮影:2003年8月 館山


ツバクロエイ


   砂地に何やら怪しい姿が・・・


   撮影:2003年8月 館山

ツバクロエイ

   正体はツバクロエイでした。

   それにしても
    怪しい怪しい・・・(笑)


   撮影:2003年8月 館山


マンボウ


   館山では海流に乗ってやってきた
   マンボウの大群が、定置網にかかる
   ことがあるそうです。


   撮影:2003年8月 館山

マンボウ

   のんびりしているようですが
   追いつくのは難しいです(汗)


   撮影:2003年8月 館山



イトマキエイ(マンタ)


   千葉県に"マンタ"なんて
   と言われそうですが、
   黒潮から東京湾へ流れ込む
   海流に乗ってくるのでしょうか。
   マンボウ同様、マンタが定置網に
   かかったりするそうです。

   漁業上では商品価値のないマンタも
   ダイバーにとってはあこがれの
   魚の1つですね。


   撮影:2001年8月 館山


アカウミガメ


   アカウミガメ君、
   なんとこちらに向かって
   泳いできてくれました。


   撮影:2003年8月 館山

アカウミガメ

   アップで撮影した姿。

   海の素晴らしさをアピールして
   くれているようでした(笑)


   撮影:2003年8月 館山


海の生きものたち メニューへ



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.