南伊豆の海



同じ伊豆の中でも、黒潮に最も近い南伊豆はダイナミック!!


(ビデオからのキャプチャー画像なのでお見苦しい点、ご容赦ください。)




神子元島 (みこもとしま,みこもとじま)

   ペリーが日本に来航した際、
   "rock island"と記録した島。
   この周囲にダイビングスポットが
   あったりします。

   下田市のホームページによれば、
   神子元島灯台に、最初に灯が
   ともったのは明治3年。
   現存する日本最古の官設洋式
   石造灯台として,国指定史跡にも
   なっているそうです。


   撮影:2005年7月 神子元


タカベ

   ひとたび海の中に潜ると
   ダイナミックな地形の海に、
   黄色のアクセントが鮮やかな
   タカベの群れが出迎えてくれます。


   撮影:2004年10月 神子元


タカベ

   南伊豆の青い海の中を
    タカベが次々と
     通り過ぎていきます。


   撮影:2004年10月 神子元



タカベ

   いったいどれだけの数の
   タカベがいるのでしょう。
   なかなか釣れないのが
   不思議なくらいですね(笑)

   釣れてもメジナ釣りの外道として
   扱う人もいるそうですが(笑2)、
   美味ですよ(笑3)


   撮影:2005年7月 神子元


タカベ・イサキ


   タカベとイサキが
    一緒に群れている時もあります。



   撮影:2005年7月 神子元



タカベ・イサキ

   黄色いラインと
    黒のストライプの混成集団



   撮影:2005年7月 神子元



ニザダイ

   こちらはニザダイの群れ。
   地味な色ですが、愛嬌のある顔で
   私は嫌いではありません(笑)


   撮影:2001年7月 神子元



ニザダイ

   集団移動しつつ
    採餌をしたりします。


   撮影:2001年7月 神子元



ニザダイ

   こちらは集まって、
   何を語りあっているのでしょう(笑)


   撮影:2001年7月 神子元



アオブダイ

   ダイナミックな海では
    排泄もダイナミックです(笑)


   撮影:2001年9月 神子元



アオブダイ・ホンソメワケベラ

   ホンソメワケベラの前では
    おとなしくクリーニングを
     してもらっています。


   撮影:2005年7月 神子元



アカハタ

   アオブダイの緑がかった青に対し
   こちらは朱色がかった赤。


   撮影:2004年7月 神子元



イセエビ

   岩陰からピンと伸びた触角が
   アンテナのようです。


   撮影:2005年7月 神子元



イセエビ

   立派なイセエビたちが
   岩のすき間に隠れています。


   撮影:2005年7月 神子元



イセエビ・ノコギリヨウジ

   なぜかイセエビの前で踊っている
   2匹のノコギリヨウジ


   撮影:2004年7月 神子元



トウシマコケギンポ

   南伊豆のダイナミックな海で、
   小さな穴に住み着いて
   ひょうきんな顔を
   のぞかせていました。


   撮影:2005年8月 神子元


ハコフグ

   どこの海にもいる普通種ですが、
   こちらは目も覚めるような
   青色をしたハコフグ


   撮影:2004年7月 神子元



ハコフグ

   速い流れの中を
   泳いで(流されて?)います


   撮影:2004年7月 神子元



イシガキフグ

   パンパンに
    ふくれたイシガキフグ。

   この姿でもしっかり泳いでいます。


   撮影:2005年7月 神子元



イシガキフグ

   それにしても
    このイシガキフグ、
     なんでふくれっ面なのかな(笑)


   撮影:2005年7月 神子元



カンパチ

   いつもは群れて
    素早く泳ぎ去っていくのですが
   この日は速い流れの中を
   単体でゆっくり泳いでいました。


   撮影:2004年7月 神子元


トビエイ

   長い尾、
    そしてゆっくりと優雅に
     "羽ばたく"トビエイ。


   撮影:2001年7月 神子元



トビエイ

   目の前で
    悠然と羽ばたいてくれました。


   撮影:2001年7月 神子元


トビエイ

   頭部は、ステルス戦略爆撃機
   B-2みたいです(オタクな話題)。


   撮影:2001年7月 神子元



トビエイ

   優雅な姿の割に
    目と口はユーモラスですね。


   撮影:2001年7月 神子元



トビエイ

   背中の斑点も
    しっかり見せてくれました。


   撮影:2001年7月 神子元



ドチザメ

   おとなしいサメです。
   岩穴でお休み中のところを
   おじゃましてしまいました(笑)


   撮影:2005年8月 神子元



ハンマーヘッド(アカシュモクザメ)

   南伊豆神子元はハンマーヘッドが
   群れて泳ぐ姿が有名です。

   残念ながら私の前ではなかなか
   映像向きの姿を見せてくれて
   いませんが(見せてくれても撮影に
   失敗しているだけ(泣笑))、
   大型の単体のシルエットだけでも
   感動ものです。


   撮影:2005年7月 神子元


マンボウ

   そろそろエギジット(浮上)と
   いうときに、
   なんとマンボウが登場!!

   感動のあまり、思わず
   水中ビデオを"2度押し"
   してしまいました・・・

   カメラなら2回撮影できますが、
   ビデオの2度押しは・・・(大涙)



   撮影:2005年7月 神子元


マンボウ

   それでも写っていた"一瞬"からは
   マンボウの頭にコバンザメが
   逆さになってくっついているのも
   確認できました。

   広い地球の大海原を
    回遊中のマンボウに
     出会えた瞬間でした。


   マンボウもこちらを意識して
   熱い視線を向けていますね(笑)


   撮影:2005年7月 神子元


   南伊豆のダイナミックな海・・・

   その素晴らしさはダイバーの
   あこがれでもあります。

   ただし、同時に危険も潜んでいる
   ことを忘れてはなりません。

   ここに写っているのは、
   ダイバーの吐いたエアー

   真上にのぼらずに、なんと
   真横に向かっています。


   撮影:2004年7月 神子元


   時として"激流"に遭遇することも
   あります。

   ダウンカレント(水底に向かう流れ)
   アップカレント(上方に向かう流れ)
   地形の複雑な場所は流れも複雑。

   そんなときには、
   水中を泳ぐのではなく、
   "ロッククライミング"することも。

   体力とスキル、
   いざというときのための装備と
   対処法の習得、
   そして潮の流れを適確に読んでくれる
   ガイドの方の指示に従うこと。
   なによりも「海を甘く見ない」こと。

   不幸な事故を起こさないためにも
   考えておかないといけないですね。


   撮影:2004年7月 神子元


地形も生きものもダイナミックな南伊豆の海。
遭遇も多いですが、実は逃したシーンも多いです(苦笑)
揺れる船上で、ビデオをぶつけてハウジング(水中撮影用のケース)内で
ファインダーがずれてしまいノーファインダー撮影したことや、
水没も経験したこともありました(じわじわ水漏れで、撮影したテープは無事でした)
透明度が落ちればピントが合わなかったことも・・・

逃したシーンが貴重なものであればあるほど悔みきれませんが、
自然が相手なものはあきらめ、技術や操作上の問題は次回までに・・・

ビッグチャンスをご案内いただいたガイドさんには、おわびするとともに
再チャレンジ致したく、よろしくお願い申し上げます  m(_ _;)m



海の生きものたち メニューへ



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.