屋久島の海


屋久島の海は不思議な海。 ビーチダイブで地形も楽しめるし、
温帯の魚と熱帯の魚の両方とも見られるし・・・


(ビデオからのキャプチャー画像なのでお見苦しい点、ご容赦ください。)




   屋久島のビーチ。
    雲がわきたつ山々を背景に
     穏やかな海が広がります。


   撮影:2004年9月 屋久島


   海に潜れば
    みごとなサンゴが・・・
     南の島の海ですね。



   撮影:2004年9月 屋久島



   そして岩と岩の間を
    白い砂が河のように
     のびていきます。



   撮影:2004年9月 屋久島



   ケーブ(洞窟)ダイビング気分に
   浸れるダイナミックな地形。

   ビーチから行くことが
    できてしまいます。


   撮影:2004年9月 屋久島



   海中の地形を十二分に
    楽しむことができる
     屋久島でした。


   撮影:2004年9月 屋久島



ツノダシ

   楽しめるのはもちろん
    地形だけではありません。

   エントリーしてすぐに
    ツノダシが迎えてくれました。


   撮影:2004年9月 屋久島


クマノミ

   "ザ"・クマノミも
    イソギンチャクの中から
     顔を出してお出迎え。
      (警戒しているだけ?(笑))


   撮影:2004年9月 屋久島

クマノミ

   こちらは大中小
    そろい踏み。


   撮影:2004年9月 屋久島


オヤビッチャ

   オヤビッチャが
    大急ぎで通り過ぎます。


   撮影:2004年9月 屋久島

オヤビッチャ

   それにしても
   伊豆で見るものより大きい。

   現地の人は「ヘキ」と呼んで
   釣って食べるそうです。
   かなり美味だとか・・・


   撮影:2004年9月 屋久島


クロユリハゼ


   シコクスズメダイの上方には
    クロユリハゼのペアが
     姿を見せてくれました。


   撮影:2004年9月 屋久島


チョウチョウウオ

   "ザ"・チョウチョウウオ。
   伊豆をはじめ、温帯の海でも
   よく見かけますね。
   チョウチョウウオのなかまのうちで
   最も北方に適応した種だとか。
   黄色味も他のチョウチョウウオ類
   よりも"渋め"です。
   (私は嫌いではありません(笑))


   撮影:2004年9月 屋久島

チョウチョウウオ

   屋久島のチョウチョウウオ。
   一カ所に固まって
   "チョウチョウウオ玉"を
   つくるのだそうです!

   ここに写っているのは
    まだ数が少ないほう。


   撮影:2004年9月 屋久島


トゲチョウチョウウオ

   トロピカルなチョウチョウウオで、
   "写真のモデル"の代表といえば
   トゲチョウチョウウオですね(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


カガミチョウチョウウオ


   鏡面仕上げ(笑)

   さかんにサンゴを
    つつきまわっていました。


   撮影:2004年9月 屋久島


カスミチョウチョウウオ


   このチョウチョウウオを
   見ると、熱帯の海を感じます。


   撮影:2004年9月 屋久島


チョウハン

   英名"raccoon butterflyfish"
   のraccoonは"アライグマ"。
   改めて見直せば・・・(笑)

   ところで
    和名の「長範」は何を意味する?

   ネット検索で、平安時代末期の
   大盗賊「熊坂長範」が由来?
   との推理を見つけました。
   "長範頭巾"という、目出し帽の
   ようなものをかぶっていたそうな。

   トラフグをクマサカとかチョウハンと
   呼ぶことがあり、これもこの人物の
   意味だというのもありました。
   死ぬも生きるも
    丁半ではなかったようで・・・(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


ヤリカタギ

   ちょっと他の
    チョウチョウウオよりも
     スマートなイメージ

   "槍形木"の和名も
     ダテではない?(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


フエヤッコダイ

   2匹揃って
    こちらもあちこち
     つつき回っていました。

   とがった口吻で
    食べづらくないのか?(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


サザナミヤッコ


   幼魚は模様がオシャレですね


   撮影:2004年9月 屋久島

サザナミヤッコ


   大きくなって
    幼魚時代の紋様が消えつつあり
     だんだん大人びた色と姿に・・・


   撮影:2004年9月 屋久島


モンツキハギ

   オレンジの"紋"が
    一カ所あるだけで
     撮影の対象になって
      トクをしています(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


モンツキハギ

   こちらも移動しながら採餌中。


   撮影:2004年9月 屋久島


ホウセキキントキ

    体色がかなり変わります。

    最も地味な時を
     撮ってしまいました(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島



ヘラヤガラ

   淡水魚の"ガー"ではありません(笑)
   海中で安心して見られます(笑2)


   撮影:2004年9月 屋久島



アカマツカサ


   赤が目立ちます。

   大きな目はもっと"目立ち"ます(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


フタスジタマガシラ


   ただの"タマガシラ"は
    比較的地味な魚ですが、
     こちらはオシャレです。

   幼魚は全然違った姿を
   しています。


   撮影:2004年9月 屋久島


ヒレナガハギ

   遠目にゆったりと
    泳ぐ姿を見かけると
      屋久島は南の島だという
        気分になります。


   撮影:2004年9月 屋久島


シマキンチャクフグ


   みかけによらず、
   体表から毒を出すそうで。
   フグですから・・・


   撮影:2004年9月 屋久島


ノコギリハギ

   毒のあるシマキンチャクフグに
   擬態した体型と体色。

   "生物学"の勉強まで
     できてしまう屋久島でした(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島



ウメイロモドキ


   きれいなな青と黄の染め分け。
    この魚の群れが
     通り過ぎていく様は
      やはりトロピカルな気分に
       なりますね。


   撮影:2004年9月 屋久島

ウメイロモドキ



   撮影:2004年9月 屋久島

ウメイロモドキ


   アップにしてみました。

   目も覚めるブルー・・・


   撮影:2004年9月 屋久島

ウメイロモドキ


   2匹並んで泳ぐ姿


   撮影:2004年9月 屋久島


ツムブリ


   ツムブリの群れが
    私たちの横を
     通り過ぎていきました。


   撮影:2004年9月 屋久島


ナンヨウブダイ


   大きなナンヨウブダイが
    のんびりとやってきました。

   青い体がきれいです。


   撮影:2004年9月 屋久島

ナンヨウブダイ


   特徴的な"おでこ"(笑)
    すべすべした感じで、
     思わず
      なでてみたくなります(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島

ナンヨウブダイ


   でも、きっとなでたりしたら
    指をちぎられそう(怖!)


   撮影:2004年9月 屋久島


シャコの一種


   岩の間から
    シャコが出てきました。


   撮影:2004年9月 屋久島

シャコの一種


   チョロチョロと
    動く様が面白く、
     しばらく見とれていました。


   撮影:2004年9月 屋久島


ウルトラマンホヤ


   この"顔"に
    海中で笑ってしまいました!

   ホヤといっても、
    想像していたよりも
     ちっちゃいヤツでした(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


キンギョハナダイ


   伊豆などの温帯でも
    よく見かける"普通種"なので、
     撮影を忘れたりしますが(汗)
   透明度の良い海で見て
    改めてその美しさに見とれました。


   撮影:2004年9月 屋久島


ハナゴイ


   こちらはハナゴイの群れ。

   キンギョハナダイの近くで
    別の群れをつくって
     泳いでいました。


   撮影:2004年9月 屋久島


アカヒメジ


   黄色の目立つアカヒメジが
     群れをつくって泳いでいきます。


   撮影:2004年9月 屋久島

アカヒメジ


   いったいどこまで
    続くのでしょうか・・・


   撮影:2004年9月 屋久島


キビナゴ


   突然、キビナゴが
    私たちに向かってきました!


   撮影:2004年9月 屋久島

キビナゴ


   キビナゴの大群に
    囲まれてしまいました!!


   撮影:2004年9月 屋久島

キビナゴ



   撮影:2004年9月 屋久島

キビナゴ


   たくさんの白銀色が
    キラキラと通り過ぎていきます・・・


   撮影:2004年9月 屋久島

キビナゴ


   隊列が
    白い道を大急ぎで
      通り抜けていくように・・・


   撮影:2004年9月 屋久島

キビナゴ


   かと思うと、
    突然私たちの目の前で
     わき上がるように広がって・・・

   みごとなキビナゴの大群でした!!


   撮影:2004年9月 屋久島


エラブウミヘビ


   私たちの前を
    ゆっくりとウミヘビが・・・


   撮影:2004年9月 屋久島

エラブウミヘビ


   何かを探すように
    体をくねくねさせながら
     あちこちを見回しています。


   撮影:2004年9月 屋久島

エラブウミヘビ


   ちょっと近づいてアップ。

   やっぱり
    爬虫類のヘビですね(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


ツノダシ


   エキジット。
    エントリーしたときにいた
     ツノダシが同じようにいて
      またまたお出迎え。


   撮影:2004年9月 屋久島


ツバメウオ


   エキジットして、
    ビーチを戻ろうとすると
     タイドプールに
      ツバメウオの幼魚が・・・


   撮影:2004年9月 屋久島

ツバメウオ


   なかなか思うようなポーズを
    とってくれないツバメウオの幼魚。

   アフターダイブの大部分を
    ツバメウオの
     撮影に費やすことに(笑)

   でもなかなか
    かわいいツバメウオでしょ(笑)


   撮影:2004年9月 屋久島


カニの一種


   宿に戻って、
    みんながまだ眠っている間に
     早朝の散歩。

   海岸へ降りる急坂の途中、
    真っ赤なカニがいました。


   撮影:2004年9月 屋久島

カニの一種


   鮮やかな赤色をしています。

   こんなきれいなカニが
    たくさんいました。


   撮影:2004年9月 屋久島


カエルウオ


   海岸に降りると、岩浜を
    ぴょんぴょん跳ねる魚が・・・
   カエルウオでした。

   そのうちの1匹、頭をぶつけたのか
   全く動きません。
    打ち所が悪くて死んでしまったか・・・

   そっと宿に持ち帰って
    みんなに見せようとしましたが
     誰も起きてきません(笑)

   がっかりして、再び急坂を下りて
   海にもどすと ぴょんぴょん!!
     生き返った!!
    いや、死んだマネを
     しているだけだった・・・(笑)

   撮影:2004年9月 屋久島

カエルウオ

   海岸には、別のカエルウオも
   いました。

   体色が異なります。


   撮影:2004年9月 屋久島

カエルウオ


   再び宿に戻ると、
   ようやく起き出してきた人に
   カエルウオのことを話すと
   見に行きたいというので
   三たび急坂を下りて・・・

   しかしさっきの大きい
   カエルウオは見あたらず、

   その後、他の人たちも起き出して
   この日は急坂を4往復でした(汗;)


   撮影:2004年9月 屋久島


屋久島 番外編 へ

海の生きものたち メニューへ



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.