ヒガンバナ


この花が咲くと、秋を感じますね。

 


ヒガンバナ

   季節は秋。

   ヒガンバナの
    みごとな赤い花が
     咲きました。


   撮影:2005年9月


   日本のヒガンバナ、
   染色体は3倍体で
   実・種子ができません。

   撮影:2004年9月


   原産地の中国西南部には
   実・種子のできる2倍体の
   ヒガンバナもあるそうです。
   (シナヒガンバナ、コヒガンバナ)

    シャガと事情が
     似ているようですね。
      [ 野山の植物─シャガ参照 ]


   撮影:2004年9月


   野に咲いて
    日本の秋を彩る
      ヒガンバナ


   撮影:2004年9月




   撮影:2004年9月


   都心の庭園でも
    秋の訪れを
      告げているようでした。


   撮影:2005年9月

 
シロバナヒガンバナ(シロバナマンジュシャゲ)

   赤いヒガンバナのとなりで
    白いヒガンバナ
     (シロバナヒガンバナ)が
      咲いていました。


   撮影:2005年9月


   シロバナヒガンバナ、
   ヒガンバナの白色変種では
   なく、ヒガンバナ(2倍体)と
   ショウキズイセンの自然交配
   といわれています。


   撮影:2005年9月


   由来はともかく、
   赤いヒガンバナとともに
   秋を感じさせる
   シロバナヒガンバナでした。


   撮影:2005年9月
   




  小さな植物園 メニューへ


Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.