野山の植物



野山に咲く花の可憐さを写真で伝えるのって難しいですね ─ 私の腕が悪いだけか・・・(笑)

 


イカリソウ

   名前は、花の形を
   船の錨になぞらえて
   つけられたものですね。


   撮影:2004年4月


   毎年、同じ場所で
   可憐な花を咲かせてくれます。


   撮影:2004年4月




   撮影:2004年4月


   明るい日差しの下に
    咲くイカリソウも魅力的ですが、
   半日陰に咲いた、うっすらと
    ピンクがかった花にも
     風情を感じますね。


   撮影:2000年5月

 
チゴユリ

   半日陰の林の中で
    チゴユリが群生していました。


   撮影:2005年4月


   小さな白い花を
    うつむいて咲かせます。


   撮影:2004年4月


   下向きに咲くチゴユリの花。

   その可憐さを
    写真に表現するのは
     なかなか難しいです。


   撮影:2004年4月




   撮影:2003年5月

 
ヒトリシズカ

   "一人静"の名が似合います。


   撮影:2000年5月

 
フタリシズカ

   こちらは"二人静"です。


   撮影:2004年5月




   撮影:2004年5月

  
ニリンソウ

   ニリンソウが
    白い花をたくさん
     咲かせていました。


   撮影:2003年5月

 
ジュウニヒトエ

   華やかな"十二単"を
    見つけました。


   撮影:2004年4月

 
ウラシマソウ

   浦島太郎が釣り糸を
   垂れる姿になぞらえるなんて、
   なかなか凝った名前です。


   撮影:2005年4月

 
マムシグサ

   雌雄異株ですが、
    成長できなかった雌株は
     雄株に性転換するそうです。

   サポニンやシュウ酸カルシウム
   などを含む(特に根茎)
   有毒植物なので注意。
   (同じ科のサトイモが無毒なのが
    "奇跡"なのかもしれません・・・)


   撮影:2003年5月


   確かに"マムシグサ"ですね(笑)


   撮影:2005年4月

 
シャガ

   学名は Iris japonica。
   染色体数から見ると3倍体で
   種子や球根をつくらず、
   地下茎で繁殖するシャガですが、
   古い時代に中国から持ち込まれた
   植物らしいです。
   中国南部には2倍体や4倍体の
   シャガが分布しているそうです。

   漢字の"射干"も、実はヒオウギ
   のこと。誤って名付けられた
   可能性があるそうです。


   撮影:2004年4月


   山野林の日陰でよく見かける
   身近なシャガですが、
   人の歴史を背負って
    生きてきたようですね。

   歴史はさておいて、シャガの
   別名は"胡蝶花"(コチョウカ)。

   こちらのほうが
    この花にふさわしい
     名前の気がします。


   撮影:2004年4月

 
ヤマツツジ

   新緑の中で
    ひときわ目立つ
     ヤマツツジの赤。


   撮影:2005年4月

 
シャクナゲ(アズマシャクナゲ)

   渓谷を散策した帰途、
    シャクナゲの花が
     咲いていました。


   撮影:2002年4月


   雨上がりのシャクナゲは
    散策の疲れを
     すっかり癒してくれました。


   撮影:2002年4月


カタクリの群生地 へ  小さな植物園 メニューへ



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.