屋久杉


わざわざ"杉"を見に行くなんて・・・と普通は思ってしまうが、
どうしてどうして。感動を憶える杉たちでした。


有名な「縄文杉」は体力に自信がなかったのでパス。次回の"楽しみ"に・・・(汗)




ヤクスギランド
 (屋久島自然休養林(荒川地区))


   体力や装備に応じて
   30分コースから150分コースまで
   あります。

   行ったのはもちろん150分コース。


   撮影:2004年9月


   途中の橋から見える川には
    巨大な石の上に
     これまた巨大な根!!

   こちらで大雨が降ったら
    半端な量ではなさそう・・・


   撮影:2004年9月


   生えている杉すべてが
    屋久杉というのかと思ったら
     違うそうです。

   樹齢1000年以上を"屋久杉"、
   それより若いものを"小杉"と
   言うのだそうです。

   1000年でやっと一人前・・・
    スケールが違います。


   撮影:2004年9月


   あいにく雨や霧の気配が無く(笑*)、
    幻想的な光景には
     なりませんでしたが、
    屋久島の森の素晴らしさを
     くっきりとした光の中で
      感じることができました。


   * 本人、実は"雨男"、または
     "嵐を呼ぶ男"と呼ばれているのですが、
      過去最高の台風上陸数の2004年、
      屋久島に行ったときだけは・・・(笑)



   撮影:2004年9月


   樹木が生い茂ると、
    新しい芽が出ても光量が足りず、
     育つことができません。

   しかし倒木や切り倒された
    木の上には、光が届くように
     なるため、十分な光量を得て、
      次の世代の若木が生長します。

   これを
    「切株更新」、「倒木更新」と
     呼ぶそうです。


   撮影:2004年9月




   撮影:2004年9月




   撮影:2004年9月




   撮影:2004年9月


   "屋久杉"、"小杉"を問わず
     たくさんの立派な樹々


   撮影:2004年9月


蛇紋杉

   推定樹齢2000年の巨木でしたが、
   1997年の台風で倒れ、
   今は根をむき出しにしています。

   巨木にしても、台風にしても、
    すさまじい自然の力を感じます。


   撮影:2004年9月


母子杉

   二本並んでいることから
   名付けられたのですが、
    見ているだけでなんだか
     ジーンと来てしまいました。

   推定樹齢はいずれも2,600年!!


   撮影:2004年9月


   あたかも
    "森の霊"が住むがごとく、
      うめき声をあげる人の顔が・・・


   撮影:2004年9月


   こちらにも・・・



   撮影:2004年9月


   そしてこちらにも・・・

   あなたの魂が
    この森にさまよう日を
     いつまでも待っているのです・・・


   撮影:2004年9月


   なーんて怪しい話はここまで(笑)
    次は動物編で・・・


   こちらでは
    大トカゲが、
     あなたが通るのを
      待ちかまえています。


   撮影:2004年9月


   子グマ
    もしくはレッサーパンダ
     (に見えてくれますか・・・(笑))


   撮影:2004年9月


   丸太を鼻で
    かかえようとする
     インドゾウ
       (目が笑っています・・・)


   撮影:2004年9月


   こちらには
    大きなツノをもった
     シカ(エルク)も・・・(笑)


   撮影:2004年9月


紀元杉

   推定樹齢3000年!!!
     長寿の屋久杉の最上端。


   撮影:2004年9月


紀元杉

   見事な銘木でした。


   撮影:2004年9月

 
私たちが訪れたヤクスギランド。
名前から受ける印象(先入観)とは大違い。
自然のスケールの大きさを感じさせるところでした。
普段見なれていると思っていた"杉"から、大きな感動をもらいました。



屋久島 番外編 へ

小さな植物園 メニューへ



Copyright(c) Matsumaru All Rights Reserved.